慶應義塾大学 商学部・商学研究科

新保一成 研究室

開発と環境の経済分析...

ゼミナール

Facebookページ 慶應義塾大学商学部新保研究室にてゼミ生が日々の活動の様子を発信しています.

入ゼミ

イベント

India Study Tour

2017/09/10
2016/09/04
2015/09/05
2014/09/07
2013/08/30
2012/09/07
2011/08/21

その他のイベント

2016/07/18
2016/05/14
2015/11/08
2015/10/11
2015/05/28
2015/05/17
2014/04/26
2013/06/01
2011/07/27

学位論文タイトル一覧

2015年3月修士布施尚樹 産業連関表ベース世界経済モデルによるインドのグローバル化に関するシナリオ分析
2014年3月修士清水健吾 インド家計の貧困に対する脆弱性の推定
2009年3月修士金田卓士
2003年3月修士岡村麻子 タイ経済構造分析〜生産構造と家計の消費・労働供給構造の分析を中心に〜
2001年3月修士平方尚久
2001年3月修士山口慎太郎 企業のリストラクチャリングと雇用調整

卒業論文タイトル一覧

15期生(2015年度)

姉川彰吾、伊勢塚純、清水瞭、鈴木幹也、平井智己 インドの家計における肉及び魚の需要関数の測定
市川洋介、猪股良介、坂上晃 インド国内における教育支出の需要関数及び所得弾力性の測定
伊藤愛、船野理沙、吉田あかね、林静香 インドの農村部におけるリスクに対する脆弱性についての計量分析
椎谷紗帆、宮越哲郎、山本ふみ 市町村における地域間産業連関表の推計と分析ー高知県檮原町を例にー
内藤寛 日系企業の対インド進出地域に関する決定要因分析

14期生(2014年度)

石井真義、岩瀬翔太 産業連関分析を用いたロボット産業の興隆が与える他産業への経済波及効果の測定
菅野真菜、丸山紗央里 フェアトレードの現状分析と国内における将来展望
黒神洋太、新宅亮介、互隆介 国別IOとIEAエネルギー・バランス表を用いた各国産業別の二酸化炭素排出量と消費燃料の分析
黒田大和、若林馨 高知県檮原町と全国主要都市における多費目需要関数の測定
眞明圭太 インドの家計調査データを用いた調理用燃料に関する需要関数の測定
高橋秀圭 ASIパネルデータを用いた成長会計の作成

13期生(2013年度)

秋岡浩行、石井俊 日本における小売業の現状と海外展開
池田政臣、板谷圭太 Microfinanceの可能性~持続的発展に向けて~
小野寺将也、和田知之 地域間産業連関表を用いた東日本大震災によるサプライチェーン寸断の推計
上谷奨、黒崎陸也 TPP参入と農産物への影響
木下学司 イスラム金融の優位性~コンベンショナル金融との差異~
久野志津香 オリンピックの経済効果
辻野良、日根直人 タバコ産業の現状と展望
向井陽介 東北復興におけるPPPによる街づくり

12期生(2012年度)

青木徹也 消費税増税の意思決定過程に関する公共選択論を用いた分析
青木佑輔、土屋伶央 開発途上国における水の重要性の検証
足立晴紀 650円ー最低賃金から分析する沖縄経済ー
岩井大輔 地震保険加入要因分析と新制度設計
海野俊文 東日本大震災によって寸断されたサプライチェーンの推計ーメッシュデータによるエコノミックホットスポットの計算とGIS情報による被害地域との照合ー
斎藤浩彰、大曲多久 好適環境水を用いた陸上養殖がもたらす経済効果
佐藤芳広 若者の貧困が将来的に少子化及び日本経済に与える影響の分析
関口暁彦 チリ経済政策の再検証
千葉英樹 海士町が示す地域社会の今と未来ー人口問題の視点からー
日野貴文 東北地方の自動車関連産業の集積と経済効果

11期生(2011年度)

岡祐一郎 途上国の人口問題
亀田祥太郎、高木浩平 ゲームは学習意欲向上に役立つのか~gamificationが変える学校教育~
小林正和 太陽光発電への移行を目指して~移行を推進する制度設計~
清水健吾 インドにおける貧困と不平等
神宮さゆり 食生活から出る温室効果ガスの排出量比較
高橋佑季、山畑幸祐 日本型ODAの形成要因とは何か~商業主義の実態・国際比較から~

10期生(2007年度)

有間浩之、加藤隆寛、宮本卓 バイオ燃料の導入による穀物需給構造の変化
小穴善智、村田亘 高温メタン発酵式有機性廃棄物処理システム(メタクレス)による環境負荷軽減への提言
重政智之、幸本克哉、降矢亜夢、山田康太、渡部哲也 燃料自動車の視点から見るサステナブルな社会

9期生(2006年度)

青柳哲人、岡淳一、川原井太、林智之、福岡淳、三好敦 太陽光住宅の可能性(サステナブルな社会のための日常生活)
大垣忠幸 日本の食糧自給
小川尚彦 生ゴミ処理機による環境負荷の低減
金田卓士 食糧消費構造変化における環境負荷の分析
笹間則克、高越悠 輸入の変遷と環境負荷の相関
鶴田浩之、宮川洋一 地域別にみるPFCバランスと消費金額の分析

8期生(2005年度)

石井良典、羽田直充、古江洋平、松上貴 インドの人口と人間開発
鍵和田俊 地球温暖化の気象学的分析とその経済的ダメージ、対策コストの検証
国松達弥 企業の環境対策について
酒井学 楽曲媒体の遷移と市場効果
竹内裕穂 地球温暖化問題と気候変動抑制政策の分析
山下貴之 CO2排出量削減と自動車関連税

7期生(2004年度)

相浦弘隆、三浦慎吾 京都議定書に代表されるCO2排出量削減による産業の変化
木全真以、小里悠子 静岡空港建設について
河野圭太郎、小林秀嘉 日本型重商主義の可能性及び研究
椎野直人 中国のWTO加盟による経済への影響と日本企業の進出
玉置啓太 電力自由化 ー米国における自由化モデルのケーススタディと日本の電力自由化ー
土屋亮介 高度道路交通システムについて
土方理恵 循環型社会における廃棄物と廃棄物発電
藤安健志 九州新幹線の経済効果
藤村友規 メキシコとのFTA締結による経済効果
二瓶大介 日本のFTA戦略とその意味
緑川健太 三番瀬は埋め立てられるか否か ー自然環境の経済評価とその手法ー

6期生(2003年度)

浅野慎吾 リニア中央エクスプレスの経済波及効果
阿部泰樹 日本における温暖化対策の研究
神谷直宏、高橋健文 東アジア経済圏における自由貿易の経済効果
神谷寛志 これから先数十年のMY LIFE PLAN
篠原崇修、八尾和麿 環境に対する自動車の現状とその未来予想図
奈須大 アジアにおける経済連携と日本経済の今後

5期生(2002年度)

佐藤一浩 火力発電所の経済運用
鹿久保智之 排出量取引の価格
上北亮・原田真士 ロケット・衛星による経済効果
平澤亮 慶應義塾大学三田の経済効果

4期生(2001年度)

伊原正則・佐藤健太郎 テーマは,…豚
熊沢匡史・小林航・宮川利彦 タバコ
高木亮・森谷雄一郎 紙パルプ産業におけるエネルギー高効率利用
新井将国・中島渉 日本のエネルギーと環境問題について
水谷光太 排出量価格の決定と制度的条件
是近愛子 地球にやさしい自動車社会へ~我々ができること~
中川恭太 中国経済の現在と未来
中山洋一 食べることと人
辻野順治 消費について

3期生(2000年度)

岡村麻子・杉山良平・中野敦志 日本との比較によるタイの経済発展
橋本剛典 地上波デジタル化による広告費変化を予測する計量モデルの構築
小泉暢・谷際和弥 日本の紙・パルプ産業のエネルギー分析・ボイラーの比エンタルピの分布を中心に

2期生(1999年度)

岩田直樹・宮崎雅史 電力自由化についての考察
杉山篤志・武井光太郎・柳健太郎 電力生産とそれに基づく二酸化炭素排出問題について
大森幸枝・原口雷太・三沢知道 消費構造分析
鈴木秀樹・西秋成一郎 電力産業の燃料実績に基づく生産活動分析

1期生(1998年度)

井出徹太郎・岡本純一・金子健太郎・北村和裕・豊田健一郎 セメント業の生産行動について
井上卓也・鍛冶真一・平形尚久・藤田芳一・吉川俊平 エネルギーデーターの整備と分析
山口慎太郎 パーソナルコンピュータの価格変化

卒業生の主な就職先

研究職 McMaster University
学校 慶應義塾
金融業 日本銀行, 日本政策金融公庫, みずほ銀行, ゆうちょ銀行, 十六銀行, 野村證券, 三井住友銀行, かんぽ生命保険, 三井住友カード, 三菱UFJ信託銀行, 三菱東京UFJ銀行, 損害保険ジャパン日本興亜
エンジニアリング 千代田化工建設, 日揮
運輸 JR貨物, JR四国, 住友倉庫, 東武鉄道
商社 商船三井
新聞・広告 日本経済新聞社, ムサシノ広告社, 読売広告社
製造業 三井化学, NEC, セイコーエプソン, ソニー, 三共, 三菱レイヨン, 川崎重工業, 中外製薬, 日本曹達, 日野自動車, 日立建機, 富士ゼロックス, チャーリー
電力・ガス 三菱日立パワーシステムズ, 東京電力, 日本瓦斯
サービス業 NTTデータ・フィナンシャル・ソリューションズ, NECソリューションイノベータ, TKC, サイバー・コミュニケーションズ, スミセイ情報システム, 三菱UFJトラストシステム, 東京センチュリーリース, 富士通エフ・アイ・ピー