• 商学部とは
  • 教育・研究
  • 進路
  • 入試制度
  • 教員の紹介
  • 付属機関等(商学会/)
  • 商学研究科関連情報(「CEMSとのDouble Degree」等)

商学部とは

広く学び、深く追求する。商学部が社会の新リーダーを育てる。

福澤諭吉の意志を受け継ぐ「実学の精神」。この言葉に、商学部の教育・研究の理念が象徴されています。
「実学の精神」とは、世の中ですぐ役立つ表面的な知識ではなく、これまでの常識にとらわれず、合理的実証精神によって物事の道理を究明し、その知見や科学的思考を現実の社会で活用することを意味します。
産業社会が抱える問題を自ら発見し、解決案を提示し、実行する能力、そして高い倫理観と責任感を兼ね備え、新しい社会を創造できるリーダーを育てること。それが商学部の目標です。

商学部の沿革

商学部は、近代的大学として日本最古の歴史を誇る慶應義塾において、福澤諭吉の業績とともに生まれ、理財科として成長し、商学系統の学問の成熟を待って独立した学部です。

  • 1873福澤諭吉がわが国会計学の先駆として、ブライアント=ストラッ トンの簿記書を翻訳した「帳合之法」を公刊
  • 1890「実業の世界に有用な器」を送るため、慶應義塾に商学関係の分 野を重視する「理財科」を設置
  • 1920理財科を経済学部に改称。経済学系統と商学系統の科目群に分類 される
  • 1938経済学科と商学科を併置
  • 1957商学部開設
  • 1961商学研究科開設

商学部を知るキーワード

独立自尊

自己の判断・責任のもとに行動する剛毅の心を持ち、同時に他人を独立した個人として尊重すること。商学部ではそのための確かな基礎力を身につけます。

実学の精神

独立した一個人が必要な知識を蓄え、それをもとに自分で考え、現実社会で活用することを指します。商学部では実学をさらに展開する独自の授業を設置しています。

半学半教

教える者と学ぶ者が相互に教え合い学び合う仕組み。1~2年次の総合教育セミナーや3年次以降のゼミナールでより実感できます。

商学部から皆さんへのメッセージ:問題に立ち向かい、社会の発展に寄与する「人財」を育てる

商学部は、慶應義塾創設から100年目の1957年に誕生しました。幕末に福澤諭吉が海外から簿記・会計のシステムを導入して以来、長い歴史のなかで培われてきたアカデミズムの伝統と、その中核をなす福澤の「実学の精神」を色濃く継承し、現実社会における諸問題の発見からその具体的解決に至るまでの総合的な判断能力を育てていくことを学部の目的としています。
これから大学で学ぶ皆さんにとって重要なのは、今すぐ将来の夢や進路を決めることではなく、自分や社会のさまざまな問題に正面から立ち向かって悩み、解決に向かって行動することを通じて夢を追い求めるプロセスです。
本学部が教育理念として掲げる「問題の発見、仮説の構築、仮説の検証、主張の提言・発信」といった一連の作業は、まさにそのプロセスの中で一人一人の問題意識や能力・知識を磨き、将来、社会のリーダーとして自立して考え抜き、社会の発展に寄与できる「人財」を育てるためのものです。本学部では常に新しい課題に取り組む行動力に富み、チャレンジ精神旺盛で多様な人財を受け入れていきたいと考えています。