画像 ヨコタ エリ
横 田 絵 理  教 授

【ゼミページ】
  • 学歴(卒業・学位取得):
      大学院
    • 1989年 慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了
    • 1995年 慶應義塾大学大学院経営管理研究科博士課程単位取得退学
    • 1997年 博士(経営学,慶應義塾大学)
      他の学歴・経歴
    • 1995年〜 武蔵大学経済学部 専任講師,助教授,教授
    • 2005年〜 慶應義塾大学商学部 教授
    • 2009年〜 慶應義塾大学大学院経営管理研究科 兼任講師
    • 2009年〜2012年 公認会計士試験試験委員
  • E-mail:yokota@fbc.keio.ac.jp
    (@は全角で表示してあります。半角の@に置き換えてご利用ください)
  • 担当科目:現代管理会計論,管理会計特論,会計学演習,研究会他
  • 専門領域:マネジメント・コントロール,管理会計,組織行動
  • 研究紹介:マネジメント・コントロール,業績評価,そして,組織と人間の行動に関心をもっています。組織が目標を達成するために,会計情報をはじめとする「仕組」は組織に必要ですが,その基盤となるのは人間の心理であることもまた事実です。「マネジメント・コントロール」が会計情報を扱うとともに組織および人間行動と密接であることを念頭におきつつ,研究を続けています。近年は,日本企業におけるマネジメント・コントロールの仕組みをどのように説明すべきなのかを考えています。
主要著作・論文
〔著書〕
 1.『フラット化組織の管理と心理 ─変化の時代のマネジメント・コントロール─』慶應義塾大学出版会,1998.
 2.『マネジメント・コントロール -- 8つのケースから考える人と企業経営の方向性』(共著)有斐閣 2014.
〔論文〕
 3.「イノベーション活動に影響を与えるマネジメント・コントロールについての一考察」『青山経営論集』51(3)2016。137-150.
 4.「わが国のマネジメント・コントロール研究の文献分析」(共著)『メルコ管理会計研究』10(1) 2018. 61-73
 5.「マネジメント・コントロールのフレームワーク再考:プロセスへの注目」『三田商学研究』61(1) 2018.163-181
 6.「多国籍企業における業績管理と「信頼」 : 在日子会社を対象としたサーベイ調査からの検討」(共著)『三田商学研究』 61(6) 2019. 81-94
 7.「マネジメント・コントロール研究の模索:フィールド・リサーチから探る実務への貢献」 『會計』197(2) 2020.174-187
 8.「管理会計と人事マネジメントの親和」『企業会計』 72(7)2020.16-23
 9.「わが国マネジメント・コントロール研究の展開―51年間の文献調査に基づいて―」『会計プログレス』21 2020.17-31
 10.「統合思考を醸成するマネジメント・コントロール」(共著)産業經理 81(1), 2021.4-13
所属学会・団体:
 日本会計研究学会,日本管理会計学会,日本原価計算研究学会,EAA(European Accounting Association),経営情報学会,産業・組織心理学会,日本組織学会,日本経営学会,経営行動科学学会
海外歴:
 2001年〜2002年 Visiting Scholar, Leonard N. Stern School of Business, New York University, U.S.A
 2013〜2014年 Visiting Scholar, Department of Management studies, School of Business, Aalto University,Helsinki, Finland.