画像 タナカ マサアツ
田中 正 敦  助教(有期)(自然科学)

  • 学歴(卒業・学位取得):
      学部
    • 東邦大学理学部 2011年卒業
      大学院
    • 東邦大学大学院理学研究科生物学専攻
    • 2013年修士(理学)
    • 2015年博士(理学)(東邦大学)
      他の学歴・経歴
    • 2015年--2017年 東邦大学理学部 訪問研究員
    • 2017年--2020年 鹿児島大学大学院理工学研究科 協力研究員・技能補佐員
  • 研究室:日吉第二校舎2306号室(内線33569)
  • E-mail:echiura.sipuncula@gmail.com
    (@は全角で表示してあります。半角の@に置き換えてご利用ください)
  • 担当科目:生物学I・II(実習)
  • 専門領域:動物分類学,環形動物学
  • 研究紹介:ミミズ等と同じ環形動物門でありながら体節性をもたない,ユムシ動物というグループの系統分類学が専門です。ユムシ動物全種を扱ったモノグラフ(総覧)を完成させることを目標とし,分類学的実体が不明な既知種の再記載や新種の記載をおこなっています。また,ユムシ動物と並行して,同じく環形動物門の多毛類(ゴカイ)や星口動物(ホシムシ)の分類についても研究しています。
主要著作・論文
〔論文〕
 1.“Molecular evidence for the existence of five cryptic species within the Japanese species of Marphysa (Annelida: Eunicidae) known as “Iwa-mushi””(共著) Plankton and Benthos Research Vol. 14, 2019
 2.“Ikedosoma (Annelida: Echiura: Thalassematidae) from the tropical Pacific, with description of a new species”(単著) Species Diversity Vol. 24, 2019
〔著書〕
 3.『奄美群島の水生生物―山から海へ 生き物たちの繋がり―』(共著,3-3-5:執筆担当)南方新社,2019年
〔その他〕
 4.『岡山県野生生物目録2019 ver.1.0』(共著,「環形動物門(ホシムシ・ユムシ類含む)」:執筆担当)岡山県環境文化部自然環境課,2019年
〔著書〕
 5.『動物学の百科事典』(単著,「環形動物(有鬚動物・ユムシ・星口動物を含む)―誤解されていた系統関係」:執筆担当),丸善出版,2018年
〔論文〕
 6.“Rullierinereis imajimai nom. nov., a replacement name for R. profunda Imajima, 2009, secondary homonym to R. profunda (Hartman, 1965), formerly Namalycastis profundus”(共著) Zootaxa Vol. 4341, 2017
 7.“First record of Perinereis suluana (Annelida, Nereididae) from Oura Bay, Okinawa Island, Japan”(単著) Fauna Ryukyuana Vol. 29, 2017
 8.「ユムシ動物の系統学的位置と高次系統分類に関する最近の進展」(単著)『月刊海洋/号外』57号,2016年
 9.“Unraveling a 70-year-old taxonomic puzzle: redefining the genus Ikedosoma (Annelida: Echiura) on the basis of morphological and molecular analyses”(共著) Zoological Science Vol. 31, 2014
 10.“A new species of the genus Arhynchite (Annelida: Echiura) from sandy flats of Japan, previously referred to as Thalassema owstoni Ikeda, 1904”(共著) Zookeys Vol. 312, 2013
所属学会・団体:
 南紀生物同好会,日本ベントス学会,日本動物分類学会,日本動物学会,日本生物地理学会