タカハシ イクオ
\UTF{9AD9}橋 郁 夫  教 授

【ゼミページ】
  • 学歴(卒業・学位取得):
      学部
    • 慶應義塾大学商学部 1981年卒業
      大学院
    • 慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程
    •  1983年 商学修士号取得
    • 慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程
    •  1986年 単位取得退学
    •  2004年 博士(商学)[慶應義塾大学]取得
      他の学歴・経歴
    • 杏林大学社会科学部専任講師,東京経済大学経営学部助教授, 早稲田大学大学院商学研究科等の非常勤講師を歴任。慶應義塾志木高等学校長を歴任。慶應義塾常任理事を兼務(2017〜)。
  • 研究室:三田研究室503号室(内線23203)
  • E-mail:takahasi@fbc.keio.ac.jp
    (@は全角で表示してあります。半角の@に置き換えてご利用ください)
  • 担当科目:マクロ・マーケティング論(学部),研究会,マクロ・マーケティング論(大学院), 商業学演習,商業学特殊演習,他。
  • 専門領域:流通論,マーケティング論,消費者行動論
  • 研究紹介:理論面では関連学科領域のアプローチも視野に入れながら,実証面では多変量解析の諸技法を用いて,消費者行動分析をふまえた流通・サービスを中心としたマーケティング研究を行っている。また,国際的な共同研究や学会活動にも力を入れている。
主要著作・論文
〔著書〕
 1.『消費者購買行動─小売マーケティングへの写像』千倉書房, 1999, 三訂版2008, 新装版2019.
 2.『小売経営論』(高嶋克義氏との共著) 有斐閣,2020.
〔論文〕
 3.“Household Expenditures at Japanese Food and Beverage Retailers,” (with Si Chen and Charles A. Ingene), Journal of Business Research, Vol.107, February, 2020.
 4.“Integrated Consumer Shopping Decision Model: A Japanese Online Supermarket Context,” (with Emi Moriuchi), Journal of Marketing Channels, Vol.25, Issue 4, 2019.
 5.“An Empirical Investigation of the Factors Motivating Japanese Repeat Consumers to Review their Shopping Experiences,” (with Emi Moriuchi), Journal of Business Research, Vol.82, January, 2018.
 6.“Satisfaction, Trust and Loyalty of Repeat Online Consumer within the Japanese Online Supermarket Trade,” (with Emi Moriuchi), Australasian Marketing Journal (AMJ), Vol. 24, Issue 2, 2016.
 7.“Developing and Validating a Scale of Consumer Brand Embarrassment Tendencies,” (with Gianfranco Walsha et al.), Journal of Business Research, Vol. 69, Issue 3, 2016.
 8.「マクロ・マーケティング視点より見た日本の消費者政策」『三田商学研究』, 第63巻, 第4号, 2020.
 9.「イノベーターとしてのネットスーパー −業態ロイヤルユーザーの分析から見た特徴と課題−」 『マーケティングジャーナル』 (日本マーケティング学会),第36巻,第2号,2016.
〔その他〕
 10.「小売商業に対する行政支援の実態に関するアンケート調査(都市編)の結果」『三田商学研究』, 第58巻, 第5号, 2015.
所属学会・団体:
 日本商業学会, 日本消費者行動研究学会, 日本消費者政策学会, 日本卸売学会, The Academy of Marketing Science.
海外歴:
 1984年─1985年,ノースウェスタン大学大学院(Northwestern University)(アメリカ)に国際ロータリー財団奨学生として留学; 1998年,コンコーディア大学(Concordia University)(カナダ)訪問研究員; 1998年─2000年,ワシントン大学(University of Washington)(アメリカ)訪問研究員; 2003年,モントリオール大学HECビジネススクール(HEC Montréal)(カナダ)訪問教授(招聘); 2004年・2009年,カリフォルニア州立サンノゼ大学(San Jose State University)(アメリカ)訪問教授(招聘); 2005年,ウィーン経済経営大学(Vienna University of Economics and Business)(オーストリア)訪問教授(招聘); 2010年,台湾国立成功大学(National Cheng Kung University)訪問教授(招聘); 2011年, 北京外国語大学(Beijing Foreign Studies University)日本学研究センター訪問教授(招聘); 2012年, アライアンス大学(Alliance University)(インド)訪問教授(招聘); 2016年, ホーチミン市工業大学・越日工業大学(ベトナム)訪問教授; 2017年, 西江大学(Sogang University)(韓国)訪問教授(招聘).