画像 サノ シンイチロウ
佐野 真一郎  准教授

【Webページ】
  • 学歴(卒業・学位取得):
      学部
    • 獨協大学外国語学部ドイツ語学科 2002年卒業
      大学院
    • 上智大学大学院外国語学研究科言語学専攻
    • 2005年修士(言語学)
    • 2009年博士(言語学)
      他の学歴・経歴
    • 2011-2013年,国際基督教大学教養学部客員准教授
    • 2013-2015年,岡山県立大学デザイン学部准教授
    • 2015年-現在,慶應義塾大学商学部准教授
    • 2016年-現在,国立国語研究所共同研究員
  • E-mail:s-sano@fbc.keio.ac.jp
    (@は全角で表示してあります。半角の@に置き換えてご利用ください)
  • 担当科目:英語,日本語,総合教育セミナー
  • 専門領域:言語学(音韻論,コーパス言語学,社会言語学)
  • 研究紹介:言語のバリエーションなど自然発話に見られる身近な言語現象から,世界の言語が持つ共通点・相違点を明らかにすることをテーマとして研究をしています。とりわけ,人間言語に普遍的な音韻的特徴(発音のパターンなど)や,言語と社会的側面との関係に注目しています。近年は,実験・コーパスを利用した数量的分析により,これらの解明に取り組んでいます。
主要著作・論文
〔著書〕
 1.『コーパスからわかる言語変化・変異と言語理論2』開拓社,2019年(共著)
 2.『基礎日本語学』ひつじ書房,2019年(共著)
〔論文〕
 3.What does pitch range tell us about speech and speakers? – A sociophonetic study of pitch range variation in spoken Japanese –. Japanese/Korean Linguistics 27, Stanford, CA: CSLI Publications, 2020(共著)
 4.The nominative-to-accusative shift in modern Japanese: A diachronic observation. Japanese/Korean Linguistics 26, Stanford, CA: CSLI Publications, 2020(共著)
 5.Patterns of variable ranuki in Japanese: Identity avoidance and register. Phonological Studies 22, 75-82., 47-55, 2019.
 6.Gradability, scale structure, and the division of labor between nouns and adjectives: The case of Japanese Glossa: a journal of general linguistics (Ubiquity Press) 4(1): 41. 1–36, 2019(共著)
 7.The distribution of singleton/geminate consonants in spoken Japanese and its relation to preceding/following vowels. In Sasha Calhoun, Paola Escudero, Marija Tabain & Paul Warren (eds.) Proceedings of the 19th International Congress of Phonetic Sciences, 1833-1837, Canberra, Australia: Australasian Speech Science and Technology Association Inc. 2019.
 8.he role of extra-linguistic factors in pitch range variation: A corpus study of spoken Japanese. In Sasha Calhoun, Paola Escudero, Marija Tabain & Paul Warren (eds.) Proceedings of the 19th International Congress of Phonetic Sciences, 290-294, Canberra, Australia: Australasian Speech Science and Technology Association Inc. 2019.(共著)
 9.「話し言葉の経年変化の定量的記述『昭和話し言葉コーパス』『日本語日常会話コーパス』『日本語話し言葉コーパス』を用いて」『日本言語学会第158回大会発表論文集』142-148. 2019.
 10.Productive use of indexicalized variable in social interaction: The case of ranuki in Japanese. Japanese/Korean Linguistics 25, Stanford, CA: CSLI Publications, 2019
所属学会・団体:
 日本言語学会,日本音韻論学会
海外歴:
 2013年,ラトガース大学客員研究員