画像 オウ エイエン
王   英 燕  教 授

【Webページ】
  • 学歴(卒業・学位取得):
      学部
    • (中国)中山大学外国語学院日本語学科 1998卒業
      大学院
    • 京都大学経済学研究科 2003年経済学修士
    • 京都大学経済学研究科組織経営分析専攻 2007年経済学博士
      他の学歴・経歴
    • スタンフォード大学修士 M.A. Business Research (2006)。京都大学経営管理大学院京セラ経営哲学寄附講座助教(2007−2009),広島市立大学国際学部専任講師,准教授(2009−2016),京都大学経済学研究科准教授(2016−2019)。
  • E-mail:ou@fbc.keio.ac.jp
    (@は全角で表示してあります。半角の@に置き換えてご利用ください)
  • 担当科目:現代企業経営各論(組織行動)
  • 専門領域:組織行動論,組織論,国際人的資源管理
  • 研究紹介:組織行動論のアプローチを用いて,組織と個人の行動メカニズムに関する研究を行っています。現在の関心は(1)個人の主体性と視点を大切にする組織作りとは何か (2)組織的活動とその活動を支える“ミクロ的基盤”の探究 (3)個人と組織の成長を融合させる経営マインドの構築の三つです。これまで,経営理念の浸透や組織コミットメントなどのテーマで分析を行ってきました。
主要著作・論文
〔著書〕
 1.『組織コミットメント再考:中日米における実証研究を手がかりに』文眞堂,2017年
 2.『経営理念の浸透:アイデンティティ・プロセスからの実証分析』(共著)有斐閣,2012年
〔論文〕
 3.「態度形成の規定要因:アイデンティティ志向性と環境ダイナミズムのマルチレベル分析」『組織科学』52巻1号,2018年
 4.“Commitment to sustainable development: Exploring the factors affecting employee attitudes toward CSR-oriented management,” Corporate Social Responsibility and Environmental Management, No.25, 2018
 5.“Understanding Human Resource Management in Japanese multinationals in China: A dynamic transition approach,” 『経営哲学』, 13巻2号, 2016年
 6.“Examining organizational citizenship behavior of Japanese employees: a multidimensional analysis of the relationship to organizational commitment,” The International Journal of Human Resource Management, No.26, 2015
 7.“Mission-Driven Organizations in Japan: Management Philosophy and Individual Outcomes,” Journal of Business Ethics, No.101,2011
 8.“Intention to stay in Chinese foreign-invested companies: previous experiences, initial expectations and current satisfactions,” The International Journal of Human Resource Management, No.21, 2010
 9.“Disposition, organizational commitment and satisfaction: A longitudinal study of MBA graduates,” Total Quality Management & Business Excellence, No.21, 2010, co-authored
 10.“Examination on Philosophy-based Management of Contemporary Japanese Corporations: Philosophy, Value Orientation and performance,” Journal of Business Ethics, No.85, 2009
所属学会・団体:
 組織学会,経営哲学学会,しごと能力研究学会,国際ビジネス研究学会, Academy of Management
海外歴:
 2004-2006年,スタンフォード・ビジネス・スクール 大学院生
 [Graduate Student, Stanford Business School, U.S.A.]