画像 カワチ カズヒロ
河 内 一 博  教 授

【Webページ】
  • 学歴(卒業・学位取得):
      学部
    • 慶應義塾大学商学部 1990年卒業\\慶應義塾大学文学部 1992年卒業
      大学院
    • State University of New York at Buffalo言語学専攻 2001年
    • M.A. in Linguistics
    • State University of New York at Buffalo言語学専攻 2007年
    • Ph.D. in Linguistics
      他の学歴・経歴
    • 1986年:慶應義塾高等学校 卒業
    • 1992〜2000年:慶應義塾志木高等学校 専任教諭
    • 2008〜2021年:防衛大学校 教官(2008〜2010年:専任講師,2010〜2017年:准教授,2017〜2021年:教授)
  • E-mail:kawachi@fbc.keio.ac.jp
    (@は全角で表示してあります。半角の@に置き換えてご利用ください)
  • 担当科目:総合教育セミナー,三田外国語演習,コミュニケーション,リーディング
  • 専門領域:言語学(言語類型論,認知言語学)
  • 研究紹介:言語類型論と認知言語学を中心に言語学の研究をしている。諸言語間で文法構造や言語使用にどのような類似点・相違点が見られるか,言語現象がどのように人間の認知メカニズムを反映しているかという問題に関心がある。英語と日本語のデータの他に,研究が進んでいないアフリカの2つの言語 ―― エチオピアの Sidaama 語 (Highland East Cushitic) とウガンダの Kupsapiny 語 (Southern Nilotic) ―― のフィールドワークにより収集した談話データや実験データを使い,特に,因果関係・使役,空間移動,状態変化,事象統合,情報構造に関する理論的問題に取り組んでいる。
主要著作・論文
〔著書〕
 1.Matsumoto, Y., & K. Kawachi (eds.) (2020) Broader Perspectives on Motion Event Descriptions. John Benjamins. (共編著)
〔論文〕
 2.Kawachi, K. (2021) “The ‘along’ーーdeictic-directional verb suffix complex in Kupsapiny.” A. Guillaume and H. Koch (eds.) Associated Motion, 747-777. De Gruyter Mouton.
 3.Kawachi, K., S. Park, & E. Bellingham (2020) “Directness of causation and morphosyntactic complexity of constructions: Japanese and Korean cases.” In S. Iwasaki et al. (eds.) Japanese/Korean Linguistics, 26, 225-236. CSLI Publications.
 4.Kawachi, K. (2020) “Sidaama.” In R. Vossen & G. J. Dimmendaal (eds.) The Oxford Handbook of African Languages, 543-552. Oxford University Press.
 5.Kawachi, K. (2020) “Sidaama.” In T. Tsunoda (ed.) Mermaid Constructions: A Compound-Predicate Construction with Biclausal Appearance, 679-733. De Gruyter Mouton.
 6.Bellingham, E., S. Evers, K. Kawachi, A. Mitchell, S. Park, A. Stepanova, & J. Bohnemeyer (2020) “Exploring the representation of causality across languages: Integrating production, comprehension and conceptualization perspectives.” In E. B. Siegal and N. Boneh (eds.) Perspectives on Causation, 75-119. Springer Press.
 7.Kawachi, K., E. Bellingham, & J. Bohnemeyer (2019) “Different types of causality and clause linkage in English, Japanese, Sidaama, and Yucatec Maya.” Papers from the 18th National Conference of the Japanese Cognitive Linguistics Association, 47-59.
 8.Kawachi, K. (2018) “Sidaama.”/“Kupsapiny.” In T. Tsunoda (ed.) Levels in Clause Linkage: A Crosslinguistic Survey, 685-749/750-801. De Gruyter Mouton.
 9.Kawachi, K. (2018) “Event integration patterns in Sidaama and Japanese.” In P. Pardeshi & T. Kageyama (eds.) Handbook of Japanese Contrastive Linguistics, 313-342. De Gruyter Mouton.
 10.Kawachi, K. (2016) “Introduction: An overview of event integration patterns in African languages.” Asian and African Languages and Linguistics, 10, 1-36.
所属学会・団体:
 Association for Linguistic Typology, 日本言語学会,日本認知言語学会,日本英語学会,日本アフリカ学会
海外歴:
 1996年7〜8月: カリフォルニア大学バークレー校 英語教育夏期講座(アメリカ) [Student, Teaching English as a Foreign Language Summer Institute, University of California, Berkeley, U. S. A.]
 1997年7月〜2007年6月: ニューヨーク州立大学バッファロー校 言語学&認知科学 Ph.D. プログラム(アメリカ) [Ph.D. student, Department of Linguistics & center for cognitive science, SUNY at Buffalo, U. S. A.]
 2008年〜現在(2020年3月まで19回): シダーマ地区でのフィールドワーク(エチオピア) [Researcher, Sidaama Zone, Ethiopia]
 2009年〜現在(2020年1月まで16回): セベイ地区でのフィールドワーク(ウガンダ) [Researcher, Sebei Region, Uganda]
 2016年6月: ポルクロール島 ヨーロッパ言語類型論夏期講座(フランス) [Researcher, European Summer School in Linguistic Typology, Île de Porquerolles, France]