画像 イワオ シュンペイ
岩 尾 俊 兵  准教授

【Webページ】
【ゼミページ】
  • 学歴(卒業・学位取得):
      大学院
    • 東京大学大学院経済学研究科マネジメント専攻
    • 2018年 博士(経営学)(東京大学)修了
      他の学歴・経歴
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科客員研究員(2018-2021年)
  • 研究室:三田研究室409号室(内線23159)
  • E-mail:iwao@fbc.keio.ac.jp
    (@は全角で表示してあります。半角の@に置き換えてご利用ください)
  • 担当科目:ビジネスモデルの理論と実践,オペレーションズ・マネジメント研究,研究会(ゼミ)
  • 専門領域:ビジネスモデル・イノベーション(事業創造),オペレーション管理,日本的経営,トヨタ生産方式,ものづくり経営学
  • 研究紹介:これまで,ビジネスモデル・生産手法・製品設計等々の幅広い領域における「イノベーション」を対象に,それらがいかなる要因によって促進されるのかについて,理論研究・事例研究・統計的実証分析・計算機実験・数理最適化等の手法を横断的に用いつつ研究してきた。こうした手法を洗練しながら,現在は,未来の組織と経営のあり方を模索している。
主要著作・論文
〔著書〕
 1.Ambidextrous Global Strategy in the Era of Digital Transformation, (分担執筆)Springer, 2022.
 2.『13歳からの経営の教科書』KADOKAWA,2022年。
 3.『日本“式”経営の逆襲』日本経済新聞出版,2021年。
 4.『イノベーションを生む“改善”:自動車工場の改善活動と全社の組織設計』有斐閣,2019年。(第73回義塾賞、第37回組織学会高宮賞著書部門、第22回日本生産管理学会賞理論書部門受賞)
〔論文〕
 5.A New Mathematical Learning Curve Model Based on the Empirical Analysis of Japanese Sharing Economy Companies, IEEE Access, Vol. 11, No.1, 2023.
 6.“Continuous improvement revisited: Organization design as the last step in gaining the full competitive advantage of Kaizen,” Management and Business Review, Vol.2, No.1, 2022.
 7.“Coordination in improvements at manufacturing plants and its effect on improvement capabilities,” Procedia Manufacturing,(共著) Vol.38, No.1, 2020.
 8.「インクリメンタル・イノベーションと組織設計:日本の自動車産業における改善活動の実態とコンピュータ・シミュレーション」『組織科学』52巻2号, 2018年。(第36回組織学会高宮賞論文部門受賞)
 9.“Linking Continuous Improvement to Manufacturing Performance,” Benchmarking: An International Journal,(共著) Vol.25, No.5, 2018.
 10.“Revisiting the Existing Notion of Continuous Improvement (Kaizen): Literature Review and Field Research of Toyota from a Perspective of Innovation,” Evolutionary and Institutional Economics Review, Vol.14, No.1, 2017.
所属学会・団体:
 組織学会,日本生産管理学会,Production and Operations Management Society