画像 イワオ シンスケ
岩 尾 慎 介  准教授

  • 学歴(卒業・学位取得):
      学部
    • 東京大学大学院数理科学研究科 2005年卒業
      大学院
    • 東京大学大学院数理科学研究科 2007年 数理科学修士
    • 東京大学大学院数理科学研究科 2010年 数理科学博士
      他の学歴・経歴
    • 2012年-2016年 青山学院大学理工学部 助手(2012) → 助教(2013-2016)
    • 2017年-2021年 東海大学理学部 講師
  • 研究室:日吉来往舎547号室(内線30547)
  • E-mail:iwao-s@fbc.keio.ac.jp
    (@は全角で表示してあります。半角の@に置き換えてご利用ください)
  • 担当科目:微積分、微積分基礎、線形代数、総合教育セミナー、経済数学基礎理論、社会数理各論(組み合わせの数理)
  • 専門領域:代数的組み合わせ論、トロピカル数学
  • 研究紹介:微分方程式論は、現実の物理現象・社会現象を調べるために重要な技術である。『具体的に解を記述できる』特別な微分方程式たちは可積分系と呼ばれ、現代物理学・代数学研究の重要な位置を占める。現在は、可積分系(“相対論的戸田方程式”)と、それに関わる組み合わせ論(“旗多様体の量子K理論”)の研究を行っている。
主要著作・論文
〔論文〕
 1.“Neutral-fermionic presentation of the K-theoretic Q-function,” Journal of Algebraic Combinatorics DOI: 10.1007/s10801-021-01064-4, 2021
 2.“Grothendieck polynomials and the boson-fermion correspondence,” Algebraic Combinatorics 3(5) pp.1023, 2020
 3.“Peterson isomorphism in K-theory and Relativistic Toda Lattice,” (共著)IMRN 2020(19) pp.6421, 2020
 4.“Jeu de taquin, uniqueness of rectification and ultradiscrete KP,” Journal of Integrable Systems 4(1) xyz012, 2019
 5.“The discrete Toda equation revisited: dual β-Grothendieck polynomials, ultradiscretization, and static solitons,” (共著)Journal of Physics A: Math. and Theor., 51(13) aaae30, 2018
 6.“Tropical integrable systems and Young tableaux: shape equivalence and Littlewood–Richardson correspondence,” Journal of Integrable Systems 3(1) xyy011, 2018
 7.“Tropical Krichever construction for the non-periodic box and ball system,” (共著)Journal of Physics A: Math. and Theor., 45(39) pp.395202, 2012
 8.“The two-dimensional periodic box-ball system and its fundamental cycle,” Journal of Physics A: Math. and Theor., 45(39) pp.395204, 2012
 9.“Tropical curves and integrable piecewise linear maps,” Tropical Geometry and Integrable Systems 580 pp.21, 2012
〔翻訳〕
 10.『ヤング・タブロー: 表現論と幾何への応用』(共著、丸善出版、2019年)
所属学会・団体:
 日本数学会
海外歴:
 2009年6月-8月 グラスゴー大学短期留学(英国・スコットランド)[Visitor, University of Glasgow]