フクザワ トシヒコ
福 澤 利 彦  教 授

  • 学歴(卒業・学位取得):
      学部
    • 東北大学理学部生物学科 1982年卒業
      大学院
    • 東北大学大学院理学研究科博士課程生物学専攻
    • 1987年 理学博士号取得(東北大学)
      他の学歴・経歴
    • アリゾナ大学(アメリカ)医学部特別研究員(1987─1991年)
  • E-mail:fukuzawa@fbc.keio.ac.jp
    (@は全角で表示してあります。半角の@に置き換えてご利用ください)
  • 担当科目:生物学 I ・II,総合教育セミナー
  • 専門領域:細胞生物学,発生生物学
  • 研究紹介:生物の大きな特徴の一つは,発生に伴って秩序だった形や模様が形成されることである。中でも我々になじみ深いのは,生物の体表にある色鮮やかな模様である。生物の模様は,色素を持った特殊な細胞(色素細胞)の体表での分布によって決まる。その模様形成のメカニズムを,細胞レベル・分子レベルで解明しようと試みている。
主要著作・論文
〔著書〕
 1.(共著)『動物の体色がわかる図鑑』第3章 pp.168-197 グラフィック社, 2022年
〔論文〕
 2.(単著) Periodic albinism of a widely used albino mutant of Xenopus laevis caused by deletion of two exons in the Hermansky-Pudlak syndrome type 4 gene. (2021), Genes to Cells, 26: 31-39.
 3.(単著) A wide variety of Mitf transcript variants are expressed in the Xenopus laevis periodic albino mutant. (2018), Genes to Cells, 23: 638-648.
 4.(共著) Unusual light-reflecting pigment cells appear in the Xenopus neural tube culture system in the presence of guanosine. (2018), Tissue and Cell, 54: 55-58.
 5.(単著) Ferritin H subunit gene is specifically expressed in melanophore precursor-derived white pigment cells in which reflecting platelets are formed from stage II melanosomes in the periodic albino mutant of Xenopus laevis. (2015), Cell and Tissue Research, 361: 733-744.
 6.(単著) Unusual development of light-reflecting pigment cells in intact and regenerating tail in the periodic albino mutant of Xenopus laevis. (2010), Cell and Tissue Research, 342: 53-66.
 7.(単著) Unusual leucophore-like cells specifically appear in the lineage of melanophores in the periodic albino mutant of Xenopus laevis.(2004), Pigment Cell Research, 17: 252-261.
 8.(単著) Melanophore lineage and clonal organization of the epidermis in Xenopus embryos as revealed by expression of a biogeniec marker, GFP.(2000), Pigment Cell Research, 13: 151-157.
 9.(共著) The site and time of expression of MIF in frog development.(1997), Pigment Cell Research, 10: 401-409.
 10.(共著) Evidence that MIF plays a role in the development of pigmentation patterns in the frog.(1995), Developmental Biology, 167: 148-158.
所属学会・団体:
 日本動物学会
海外歴:
 1987─1991年,アリゾナ大学(アメリカ)医学部特別研究員(Research Associate, University of Arizona, U. S. A.)