画像 ダイトウ イチロウ
大 東 一 郎  教 授

【ゼミページ】
  • 学歴(卒業・学位取得):
      学部
    • 慶應義塾大学経済学部 1988年卒業
      大学院
    • 慶應義塾大学大学院経済学研究科 1992年 経済学修士取得
    • 慶應義塾大学大学院経済学研究科 1995年 単位取得退学
    • 1999年 博士(経済学)取得
      他の学歴・経歴
    • 1988-89年 日本長期信用銀行, 1992-94年 慶應義塾大学経済学部研究助手,1995-97年 明海大学経済学部講師(専任),1998-2012年 東北大学大学院国際文化研究科准教授,2013年- 慶應義塾大学商学部教授, 1994-1996年 (財)三菱経済研究所非常勤研究員
  • 研究室:三田研究室540(内線23240)
  • E-mail:idaitoh@fbc.keio.ac.jp
    (@は全角で表示してあります。半角の@に置き換えてご利用ください)
  • 担当科目:経済学基礎I, 世界経済論I・II, 研究会(3年生・4年生), 国際経済学特論, 国際経済学特殊研究, 産業経済論, 研究演習
  • 専門領域:開発経済学(経済成長論); 国際貿易論; 環境・資源経済学
  • 研究紹介:研究テーマは開発・国際経済学の理論・政策論です。現在の関心は,開発途上経済において持続可能性を達成する方途を探るべく,(1)貧困削減と環境/資源の効率的管理とが両立しうるための条件や政策は何か,(2)消費増加により人的資本蓄積が進むメカニズム働くときどんな経済成長経路が生じうるか、を解明することにあります。また,先進国も視野に入れて,(3)人口減少経済では人口増加経済と異なるどんな経済成長経路が生じうるのかを、新たな経済理論を構築して探っています。
主要著作・論文
〔著書〕
 1.『内生的経済成長の基礎理論』,三菱経済研究所,1996年
 2.『都市化・集中化・経済発展の基礎理論』,三菱経済研究所,1997年
〔論文〕
 3.“Open Access Renewable Resources, Urban Unemployment, and the Resolution of Dual Institutional Failures”, Environment and Development Economics, On line, 2021.(共著)
 4.”Productive Consumption Externality in a Two-sector Model of Economic Development”, Creative Complex Systems, Springer, Chapter 7, 2021.(共著)
 5.“Rates of Population Decline in Solow and Semi-Endogenous Growth Models: Empirical Relevance and the Role of Child Rearing Cost”,The International Economy, Vol.23, 2020.
 6.“Productive Consumption and Population Dynamics in an Endogenous Growth Model”, Journal of Economic Dynamics and Control, Vol.34, No.4, 2010.
 7.“Environmental Protection and Trade Liberalization in a Small Open Dual Economy”, Review of Development Economics, Vol2,No.4, 2008.
 8.“Interconnection Agreement between Internet Service Providers and the Optimal Policy Intervention”, Japanese Economic Review, Vol.59, No.2, 2008.(共著)
 9.“Financial Liberalization, Urban Unemployment and Welfare: Some Implications of the Artificial Low Interest Rate and High Wage Rage Policies in LDCs”, Journal of Development Economics, Vol.72, No.1, 2003.
 10.“Environmental Protection and Urban Unemployment: Environmental Policy Reform in a Polluted Dualistic Economy”, Review of Development Economics, Vol.7, No.3, 2003.
所属学会・団体:
 日本経済学会,日本国際経済学会,Econometric Society
海外歴:
 2000-2001年 ニューヨーク州立大学バッファロー校 客員研究員 [State University of New York at Buffalo, Visiting Researcher]  2002年2-3月 インド統計研究所 訪問研究員[Indian Statistical Institute, Kolkata, Visiting Researcher]  2011年4-9月 ハワイ大学マノア校経済学部 客員研究員[University of Hawaii at Manoa, Department of Economics.]