画像 ヤマモト イサム
山 本   勲  教 授

【ゼミページ】
  • 学歴(卒業・学位取得):
      学部
    • 慶應義塾大学商学部  1993年卒業
      大学院
    • 慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程 1995年 商学修士
    • ブラウン大学経済学部大学院 2000年 経済学修士(ブラウン大学)
    • ブラウン大学経済学部大学院博士課程 2003年 経済学博士(ブラウン大学)
      他の学歴・経歴
    • 1995年4月 日本銀行入行
    • 2005年7月〜2007年2月 日本銀行金融研究所企画役
  • 研究室:三田研究室502号室(内線23202)
  • E-mail:yamamoto@fbc.keio.ac.jp
    (@は全角で表示してあります。半角の@に置き換えてご利用ください)
  • 担当科目:経済学基礎I,経済学基礎II,計量経済学各論,研究会,計量経済学特論(大学院),計量経済学演習(大学院)
  • 専門領域:応用ミクロ経済学,労働経済学
  • 研究紹介:主に労働市場を対象として,応用ミクロ経済学のツールを用いた実証分析を行い,マクロ的な政策含意を導出することを目指しています。
主要著作・論文
〔著書〕
 1.『労働時間の経済分析:超高齢社会の働き方を展望する』(共著)日本経済新聞出版社, 2014年
 2.『デフレ下の賃金変動:名目賃金の下方硬直性と金融政策』(共著)東京大学出版会,2006年
〔論文〕
 3."Effect of Work-Life Balance Practices on Firm Productivity: Evidence from Japanese Firm-level Panel Data,"(共著)The B.E. Journal of Economic Analysis and Policy, 14(4), 2014
 4."Is downward wage flexibility the primary factor of Japan's prolonged deflation?”(共著)Asian Economic Policy Review, 9(1), 2014
 5."Do peers affect determination of work hours? Evidence based on unique employee data from global Japanese firms in Europe,”(共著)Journal of Labor Research, 34(3), 2013
 6.“Firms’ demand for work hours: Evidence from matched firm-worker data in Japan,”(共著)Journal of the Japanese and International Economies, 29(3), 2013
 7."Impact of overtime regulations on wages and work hours,"(共著)Journal of the Japanese and International Economies, 26(2), 2012
 8."What motivates volunteer work in an emergency? Evidence from the 2011 East Japan Earthquake and Tsunami,"(共著)Economics Bulletin, 32(3), 2012
 9.“The era of the 24-hour society? Assessing changes in work timing using a Japanese time use survey,”(共著) Applied Economics Letters, 19(11), 2012
 10.“Estimating Frisch labor supply elasticity in Japan,”(共著)Journal of The Japanese and lnternational Economies, 22(4), 2008
所属学会・団体:
 日本経済学会,行動経済学会
海外歴:1999─2001年 ブラウン大学大学院経済学部