画像 ツル コウタロウ
鶴   光太郎  教 授

【Webページ】
【ゼミページ】
  • 学歴(卒業・学位取得):
      学部
    • 東京大学理学部数学科 1984年卒業
      大学院
    • オックスフォード大学大学院経済学研究科 1991年経済学修士号取得
    • オックスフォード大学大学院経済学研究科 2003年経済学博士号(D. Phil.)取得
      他の学歴・経歴
    • 1984-95年 経済企画庁,1995-2000年 OECD経済総局エコノミスト,2000-01年 日本銀行金融研究所研究員,2001-12年(独)経済産業研究所上席研究員
  • 研究室:南館20513(内線25293)
  • E-mail:tsuru@fbc.keio.ac.jp
    (@は全角で表示してあります。半角の@に置き換えてご利用ください)
  • 担当科目:比較制度分析,コーポレート・ガバナンス,Business Economics,研究会
  • 専門領域:比較制度分析,企業統治,雇用システム
  • 研究紹介:個別の研究テーマはその時々によって異なりますが,一貫して日本の経済システムの特徴,変化,改革のあり方について理論,国際比較,実証分析の3つの視点から研究を行ってきています。
主要著作・論文
〔著書〕
 1.『人材覚醒経済』 ,日本経済新聞出版社,2016年
 2.『最低賃金改革―日本の働き方をいかに変えるか』(共編著),日本評論社,2013年
 3.『非正規雇用改革―日本の働き方をいかに変えるか』(共編著),日本評論社,2011年
 4.『労働時間改革―日本の働き方をいかに変えるか』(共編著),日本評論社,2010年
 5.『日本の経済システム改革―「失われた15年を超えて」』,日本経済新聞社,2006年
〔論文〕
 6.“International Transmission of the 2007–2009 Financial Crisis: Evidence from Japan”(共著) Japanese Economic Review 67( 3), 2016
 7.“The Impact of Demand Shock on the Employment of Temporary Agency Workers : Evidence from Japan during the Global Financial Crisis"(共著), Seoul Journal of Economics 28( 3), 2015
 8.“What Does a Temporary Help Service Job Offer? : Empirical Suggestions from a Japanese Survey”(共著), Journal of the Japanese and International Economies 28, 2013
 9.“Employment Protection and Productivity: Evidence from Firm-level Panel Data in Japan”(共著), Applied Economics 45(15), 2013
 10.“Managerial Entrenchment and Antitakeover Provisions in Japan”(共著), Seoul Journal of Economics 24( 3), 2011
所属学会・団体:
 日本経済学会,法と経済学会,アメリカ経済学会
海外歴:
 1989-1991年,オックフォード大学大学院経済学研究科修士課程所属大学院生(イギリス)[Graduate (M.Phil.) student, University of Oxford, Department of Economics, St. Antony's College]
 1995-2000年,OECD経済総局エコノミスト(フランス)[Economist, Economics Department, OECD]
 2000年,オックスフォード大学大学院経済学研究科博士課程所属大学院生(イギリス)[Graduate(D. Phil.) student, University of Oxford, Department of Economics, St. Antony's College]