画像 セイケ アツシ
清 家   篤  教 授

【ゼミページ】
  • 学歴(卒業・学位取得):
      学部
    • 慶應義塾大学経済学部 1978年卒業
      大学院
    • 慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程
    • 1980年 商学修士
    • 慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程
    • 1983年 単位取得退学,1993年 博士(商学)学位取得
  • 研究室:三田研究室409号室(内線23159)
  • E-mail:seike@fbc.keio.ac.jp
    (@は全角で表示してあります。半角の@に置き換えてご利用ください)
  • 担当科目:労働経済学
  • 専門領域:労働経済学,家計行動,社会保障,人事管理
  • 研究紹介:労働にかんする経済分析。とくに高齢化が雇用や労働市場に与える影響を中心に、高齢者の就業と公的年金、高齢者の能力活用、雇用制度と企業年金、高齢化と技術革新などに関する、実証的な研究を行っている。
主要著作・論文
〔論文〕
 1.Atushi Seike, “Towards a Lifelong Active Society: Coping with Japan’s Changing Population”, Asia and the Pacific Policy Studies, Vol.3, Issue 3, September 2016
 2.Atsushi Seike, “The Role of Universities and Social Needs in Times of Great Change“, in Luc E. Weber and James J. Duderstadt eds. University Priorities and Constraints, Paris, Economica, 2016
〔著書〕
 3.『雇用再生』NHKブックス、2013年
 4.『60歳からの仕事』(長嶋俊三氏と共著)講談社,2009年
 5.『エイジフリー社会を生きる』NTT出版,2006年
 6.『高齢者就業の経済学』(山田篤裕氏と共著)日本経済新聞社,2004年
 7.『労働経済』東洋経済新報社,2002年
 8.『生涯現役社会の条件』中公新書,1998年
 9.『高齢化社会の労働市場』東洋経済新報社,1993年
 10.『高齢者の労働経済学』日本経済新聞社,1992年
所属学会・団体:
 日本経済学会,日本労務学会,日本統計学会,日本年金学会,統計研究会,日本労使関係研究協会,シニア社会学会
海外歴:
 UCLA客員研究員、米国RAND研究所研究員等。