画像 セイケ アツシ
清 家   篤  教 授

【ゼミページ】
  • 学歴(卒業・学位取得):
      学部
    • 慶應義塾大学経済学部 1978年卒業
      大学院
    • 慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程
    • 1980年 商学修士
    • 慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程
    • 1983年 単位取得退学,1993年 博士(商学)学位取得
  • 研究室:三田研究室409号室(内線23159)
  • E-mail:seike@fbc.keio.ac.jp
    (@は全角で表示してあります。半角の@に置き換えてご利用ください)
  • 担当科目:労働経済学
  • 専門領域:労働経済学,家計行動,社会保障,人事管理
  • 研究紹介:労働にかんする経済分析をおこなっている。最も関心があるのは,高齢化が雇用や労働市場に与える影響である。これまで扱った研究テーマは,高齢者の就業と公的年金,高齢者の能力活用,定年制と企業年金,企業の雇用調整,労働時間短縮,労働市場と情報,経済の構造変化と雇用制度変革などである。
主要著作・論文
〔著書〕
 1.『60歳からの仕事』(長嶋俊三氏と共著)講談社,2009年
 2.『高齢者の働きかた』(編著)ミネルヴァ書房,2009年
 3.『エイジフリー社会を生きる』NTT出版,2006年
 4.『高齢者就業の経済学』(山田篤裕氏と共著)日本経済新聞社,2004年
 5.『勝者の代償』(翻訳,ロバート・ライシュ著)東洋経済新報社,2002年
 6.『労働経済』東洋経済新報社,2002年
 7.『生涯現役社会の条件』中公新書,1998年
 8.New Trends in Japan's Labor Market; About Japan Series, Tokyo: The Foreign Press Center, 1997.
 9.『高齢化社会の労働市場』東洋経済新報社,1993年
 10.『高齢者の労働経済学』日本経済新聞社,1992年
所属学会・団体:
 日本経済学会,日本労務学会,日本統計学会,日本年金学会,統計研究会,日本労使関係研究協会,シニア社会学会
海外歴:
 1987─88年 カリフォルニア大学客員研究員兼ランド研究所研究員(アメリカ)[Visiting Scholar, Department of Economics, UCLA/Consultant, Department of Economics and Statistics, the Rand Corporation, U.S.A.]