画像 ヒグチ ヨシオ
樋 口 美 雄  教 授

【Webページ】
【ゼミページ】
  • 学歴(卒業・学位取得):
      学部
    • 慶應義塾大学商学部 1975年卒業
      大学院
    • 慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程
    • 1977年 修士号取得
    • 慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程
    • 1991年 博士号取得
  • 研究室:三田研究室449号室(内線23149)
  • E-mail:higuchi@fbc.keio.ac.jp
    (@は全角で表示してあります。半角の@に置き換えてご利用ください)
  • 担当科目:経済政策
  • 専門領域:計量経済学,労働経済学
  • 研究紹介:わが国の企業における雇用慣行や家計における就業行動の特徴は,わが国固有の文化に根ざしたものであるという見方が強い。だがこれ自身,企業や家計を取り巻く経済環境と深く関連しており,環境さえ変えればこれらの特徴も変わりうることを,経済発展や労働市場の需給状態,技術進歩や企業の人材育成との関連から分析してきた。
主要著作・論文
〔論文〕
 1.樋口美雄・石井加代子・佐藤一磨「日本の所得格差と所得変動一国際比較・時系列比較による動学的視点ー」『三回商学研究』第59巻第3号pp.67-91. 2016
 2.Yoshio HIGUCHI, Kazuyasu SAKAMOTO, Risa HAGIWARA "The Constraints on Women's Marriage, Childbirth and Employment, and Effects of Work-Life Balance Policies: Empirical Analysis Using Japanese Household Panel Surveys." KEIO BUSINESS. REVIEW, pp. 1-30. 2016
 3.樋口美雄「日本の貧困動態と非正規労働者の正規雇用化〜最低賃金と能力開発の経済効果」『現代経済学の潮流』東洋経済出版社,2013年
 4.Yoshio HIGUCHI and Kazuma SATO, "The Comparative Impacts of Temporary Economic Shocks and Permanent Economic Change on the Employment behavior of Married Women in Japan-A Dynamic Model of Employment Behavior Analysis-" 2013.
〔著書〕
 5.『ワーク・ライフ・バランスと家族形成 少子社会を変える働き方』(共編著),東京大学出版会,2011年
 6.『貧困のダイナミズム―日本の税社会保障・雇用政策と家計行動』(共編),慶應義塾大学出版会,2010年
 7.『非正規雇用改革ー日本の働き方をいかに変えるか』(共編著)日本評論社,2011年
所属学会・団体:
 日本学術会議,日本経済学会,東京経済研究センター,日本統計学会,日本人口学会,法と経済学会,労使関係研究協会
海外歴:
 1985─87年,米国コロンビア大学客員研究員 1995─96年,米国スタンフォード大学客員研究員;米国オハイオ州立大学客員教授 2014年,フランス国立社会科学高等研究院客員教授
 2015年1-3月 コロンビア大学客員研究員